9.ハートなどの特殊文字を入力する


ハートなどの特殊文字は、
◆Dingbats(絵フォント)を使う
◆特殊記号をインターネット上からコピーして使う
◆特殊記号をIMEパッドから入力する
などの方法で、使うことができます。

たとえばWindowsに元々入っているWebdingsなら、「Y」がハートです。


あとはUnicodeの特殊文字をインターネット上からコピーもしくはIMEパッドから入力することで、ハートなどを使うことができます。
IMEパッドというのはここから出せます(Windowsならタスクバーに入っていると思います)


IMEパッドの「文字一覧」を選ぶとこのように一覧で表示されます。


使いたい文字をクリックすると入力できます。
たとえば文字カテゴリのUnicode(基本多言語面)の装飾記号の中にはこういうハートが入ってます。


インターネット上でコピーしたい場合は、「特殊文字」などで検索すれば出てくると思います。
ほんの一部ですが下にも載せておきます。
(環境によっては表示されないかもしれません。その場合は、ごめんなさい)


コピーしたら、「GIMPテキストエディタ」に貼りつければOKです。


⇒10.画像を保存する(1:GIMP XCF画像)